家電製品回収の例です!

冷蔵庫買取 洗濯機買取 エアコン買取 テレビ買取 その他家電買取 家具回収

買取・回収の回収例(福岡市)

 冷蔵庫の年式の見方/冷蔵庫製造年式  
  こちらでは冷蔵庫の年式(製造年式)の見方を解説致します。

冷蔵庫はサイズを問わず、全て「冷蔵室」 の扉の裏(ドリンクホルダーなどある面)にシールで貼り付けてあります。
  冷蔵室の扉を開いて下さい。 
   冷蔵室の扉の裏側にシールがあります。
 こちらの○○○○年製というのが製造年式となります。
こちらの冷蔵庫ですと2005年製造ということになります。
冷蔵庫の容量は
「定格内容積」の
「全定格内容積」となります。 
冷蔵室と冷凍室をあわせた一番大きな数字です。
こちらの例ですとこの冷蔵庫は302Lの冷蔵庫となります。
 

洗濯機
の年式の見方/洗濯機製造年式

 
  こちらでは洗濯機の年式(製造年式)の見方を解説致します。

洗濯機は蓋の裏側、本体向かって右側、本体裏側のいずれかにシールで記載してあります。 
   まず洗濯機の蓋を開けて見て下さい。
   こちらにシールが貼ってあり年式が記載されている場合です。
   シール右下の2009年がこちらの洗濯機の製造年式となります。
   蓋の裏にシールで記載がない場合は洗濯機本体向かって右側を見てみましょう。
  シール左下の2007年がこちらの洗濯機の製造年式となります。 
  洗濯機の蓋の裏、右側にシールがない場合は本体裏側を探してみてください。 
   こちらのシールの2007年製というのがこちらの洗濯機の製造年式となります。
   どうしてもシールが見つからない場合、
シールがはがれてしまった場合は、電源コードを見てみましょう。
  こちらの洗濯機の電源コードに数字が4桁並んだ数字が製造年式となります。

こちらの洗濯機は2009年製造という事になります。
洗濯機以外でも全ての家電製品はコードにも製造年式が記載されております。
ただし、コードの製造年はコード自体の製造年ですので年頭に製造された家電製品は前年のコードを使用して製造されている場合もございます。

2007年に製造された家電製品でも2006年製のコードを使用している場合は2006と記載されている場合もございます。 
洗濯機の容量は標準洗濯の容量です。
多くの洗濯機はその製品の型番に記載されている数字が洗濯容量です。
こちらの洗濯機ですと7Kgになります。
商品のシールにも「標準洗濯容量」は必ず記載がございます。

主な対応エリア
福岡市中央区/福岡市博多区/福岡市南区
福岡市東区/福岡市城南区/福岡市早良区
福岡市西区/太宰府市/春日市/大野城市
筑紫野市

リサイクル ブンダバー  運営 熊川商会
許可公安委員会 福岡県公安委員会
許可番号 第904100910003号
許可年月日 平成21年11月27日

福岡市近郊まで出張買取対応
営業所・物流倉庫 福岡県新宮町原上1462−1(カスタムオーダー・ダンカン様の隣)
TEL:092−518−9644
メールからのお問合わせはコチラ

不用品買取ブンダバー メニュー

ブンダバー概要/ネットショップ


中古冷蔵庫・エアコン・洗濯機販売ページ

不用品をWeb・メールで査定



買取・回収の対応エリア